ニキビにまつわる怪しい噂・都市伝説を集めてみました!

魑魅魍魎のニキビケア

10代の少年少女も大人の男性も女性も悩まされるのがニキビ。

顔中にブワッとできる人もいればポツンと大きなニキビが1個できたりとその症状もさまざま。 共通するのは何でニキビができるのか思い当たることがないことと、なんでもいいからすぐに治したいということです。

ニキビ治療に一番いいのは皮膚科に行くことだとされていますが、2時間も待たされる皮膚科にいくのはどうかという人もいて、 けっこうセルフケアでなんとか済ませてしまおうという人も多いはずです。

当サイトで紹介するさまざまな怪しいニキビケアの方法もそんなセルフケアのなかから誰かが作り出した方法なんだと思います。多分。

「冗談だろう?」という方法もあれば、「これはけっこう効果あるかも?」というものもあるので興味をもったものに関しては 解説を読んだうえで試してみるのも面白いと思います。

王道からかけ離れた邪道といえる方法ばかりなのでやってみた結果、残念な結果になったり、むしろ悪化したなんてことがあっても自己責任でお願いしますね。決して推奨しているわけではないので(笑)。


検証!ニキビはつぶすべき?つぶさないべき?

ニキビは潰していいの、悪いの?!

「ニキビができたらどうする?」というアンケートでも多いのが自分で潰すという意見。

確かに眉間や鼻の下に1つだけポツンとできたニキビであれば潰してしまったほうが早いような気がします。 でも、ニキビを潰したら痕が残るという話もあるので実際どうしたらいいのか悩むところです。

専門家がいうにはニキビをつぶしていいかどうかというのはニキビの段階によるんだそうです。 赤く炎症を起こしている状態のニキビはつぶすのはもちろん、触れるのも注意したほうがいいとのことですが、 「ニキビの表面に白い膿が透けて見えてきたら」つぶし時だとか。

ニキビをつぶすことは【圧出排膿】という立派な医療行為で皮膚科でもやってくれます。

1、消毒した針をニキビに刺して穴を開ける
2、コメドプッシャーなどの器具を使って膿を絞り出す
3、消毒して炎症止めの軟膏を塗る

という施術を行います。これぐらいであれば自分でもできますよね。注意したいのは消毒してない針や不潔な手で行うこと。 ばい菌や雑菌が侵入してニキビが悪化する原因になってしまいます。

個人的な経験では、ニキビのできはじめの毛穴づまり(=白ニキビ)もつぶしたほうが早く治る気がします。 ニキビ表面が白いときは正しいやり方でつぶせば問題ないはずです。

ニキビができた時の対処法NO.1 スキンケアに気をつける

当たり前ですが、ほとんどの人はニキビができた、あるいはニキビができそうor繰り返すというときはスキンケアに気をつけるはず。

治療薬を塗ってすぐにニキビが治ればいいですが、大人ニキビの場合は繰り返してできるというのが特徴なので、できてしまったニキビを治すこと以上に ニキビができないようにする、繰り返さないようにする肌の土台作りのほうが重要になります。

そのためには普段からのニキビをつくらせないスキンケアがすごく大切になります。

大人ニキビを引き起こす誘因は身の回りにたくさんあるわけですが、その影響を受けてニキビができてしまうかできないかを決めるのは その人の肌状態によるところが大きいです。乾燥していたり、免疫力が落ちていたり、etc...

肌のバリア機能を高めて、肌の免疫力をあげるにはどうしたらいいか、大人ニキビのためにスキンケア化粧品はどこに注目して選べばいいか ということに対しては色々な意見や視点があるので大いに議論すべきポイントです。

参考>> 大人ニキビの治し方【原因・レベル別の正しいニキビケアのコツ】

個人的には高濃度ビタミンC美容液がニキビケアの要かな?と思っています。